借金返せない時はどうなる?どうする?

借金を返せない、困った、どうしよう、という時は落ち着いて迅速に対応してください。

解決方法を選択する

   

どんな状況なのかによって、債務を整理をするべ聞か、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかはちがいがあります。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられればやや支払う総額が減るものの、債務整理には及びません。

でも、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。弁護士なら債務整理は可能ですが、中には受け付けて貰えないケースがあります。普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、自己破産で資産の隠匿を相談したり、借金の発端が免責不許可に相当すると思われる場合は、受け付けて貰えないでしょう。

もし前者であれば、無理強いしても良い結果は出ませんので、債務を整理に詳しい弁護士や認定司法書士を捜して依頼しましょう。
PCで検索もできますが、スマホを使えばプライバシーも保てる上、いつでも効率良く見つけることが出来るのです。
借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、保証人も債務整理の影響範囲に入ります。
どんな影響が及ぶかというのはお金の借入の整理の方法次第で、例えば任意整理や特定調停だったならば保証人の記入を要する書類があるものの、保証人に対して返済の請求はされません。一方、個人再生や自己破産の時は、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、すべての借金返済を保証人が負うことになってしまうでしょう。

債務整理をした事実についての記録は、おもったよりの間、残ります。この情報が保持されている期間は、新たに借入をすることが不可能です。

情報は何年かで消えることなっているんですが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で残ってしまうでしょう。
借金を払えない場合はどうする

 - 未分類