借金返せない時はどうなる?どうする?

借金を返せない、困った、どうしよう、という時は落ち着いて迅速に対応してください。

お金を借りた額が多くなり、もう個人の力では返済できな

   

お金を借りた額が多くなり、もう個人の力では返済できない場合に、債務整理をすることになるのです。

借りたお金が返せない人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。そうすると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が相談します。月にどのくらい返済できるかなどを検討し、その後の毎月の返済額が決まるのです。
ご存知のように、任意整理は債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。この時に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済することが出来ます。この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、ご自身が債権者に返済についての連絡を入れるより、担当者から問い合わせてもらった方が良いでしょう。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。ですが、既に総量規制がされるようになった時点には三分の一以上の借金が出来上がっていた人もいるでしょう。

あとは、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの用立ててもらったお金などによって、いつの間にやら年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合もよくあることです。 そういった場合はハードな返済になるのですので、できるだけ早いうちに債務を整理も視野に入れていくべきでしょう。

最近、債務を整理の中から自己破産(衣服、パソコン、テレビなどの生活に最低限必要だと思われる家財の所有は許されます)という方法を選び、無事処理をやり遂げました。毎日思っていた返済出来かねる、これ以上遅くなったらどうなるのかという不安から解放されて、心が本当に軽くなりました。こんなことなら、ずっと前に債務を見直しておけばよかったです。

一般に債務整理と言うのは結果を出すまでに手続きに時間がかかることはやむを得ません。これから任意整理をすると仮定しても、最初に弁護士等に依頼して手続き全般を終えるには、手際よくこなし立としても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。

借りたお金の整理に着手すると、解決するまでは取たては持ちろん債権者から債務者へ連絡することすら禁じられています。しかし、中には禁止されている取たての替りに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

 - 未分類